島村楽器 熊本パルコ店 シマブロ

島村楽器 熊本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

SHURE (シュア) SEシリーズイヤフォン SE315 販売中です!  

BA(バランスドアーマチュア)型の入門機としても最適!SE315をレビューします!

f:id:shima_c_kumamoto:20170602142230j:plain

こんにちは。三度の飯と同じくらいイヤフォン好きな坂田です。
夏が迫り、ヘッドフォンも暑苦しい季節。
イヤフォンに持ち替え、上手い事夏を乗り切っていきましょう。
今回は第3弾、SE315のご紹介です!
この機種からは音色もガラッと変わりますので興味のある方は是非見ていってください!


SHURE過去記事もどうぞ↓↓

vol.1 SE112, SE112m+

kumamoto.shimablo.com

vol.2 SE215, SE215SPE, SE215m+

kumamoto.shimablo.com


こちらにも私が同じようなレビューをしていますのでよかったらどうぞ。↓
info.shimamura.co.jp


SE315

f:id:shima_c_kumamoto:20170605184338j:plain

メーカー 型名 税込売価 カラー
SHURE SE315 ¥22,464 クリア、ブラックの2色

仕様
・シングル高精度MicroDriver + ベースポート
・感度: 116 dB SPL/mW
インピーダンス: 27 Ω
・最低再生周波数帯域: 22 Hz
・最大再生周波数帯域: 18.5 KHz
ケーブルの長さ: 162 cm
・色: クリアー、ブラック

付属品
・ソフト・フォーム・イヤパッド
・イエロー・フォーム・イヤパッド
・ソフト・フレックス・イヤパッド
・トリプルフランジ・イヤパッド
・キャリングケース(ソフトジッパー型

f:id:shima_c_kumamoto:20170606144330j:plainf:id:shima_c_kumamoto:20170606144357j:plain
ケースはSE215と同じソフトケースが付属!

スナップ・ロック式の金メッキMMCXコネクターを採用

f:id:shima_c_kumamoto:20170526184823j:plain
MMCXコネクタの採用により、片耳のみの修理・交換が可能で、さらにリケーブルなども可能になり社外品も豊富で良い事づくし。変な力が入ってもケーブルが外れるので断線のリスクも少なくなります。

SEイヤホン用 RMCEリモート+マイクケーブルが発売しました!f:id:shima_c_kumamoto:20170526185644p:plain

リモコン付きケーブルが2017年3月に登場。
ライトニングケーブルタイプもあり、iOSユーザーは要チェックです!
ワイヤーフォームフィット機能+Kevlar®素材の強化127cmケーブルと安心スペック。
SE215, SE315, SE425, SE535, SE846用。(SRH1440、SRH1840にも使えそう。誰か検証してください。笑)

メーカー 型名 税込売価 備考
SHURE RMCE ¥4,298 4極ミニプラグ
SHURE RMCE-LTG ¥12,744 ライトニングケーブル

高精度MicroDriver+ベースポートを搭載

f:id:shima_c_kumamoto:20170606142802j:plain
SE315は俗に言うバランスド・アーマチュア(BA)型ドライバを使ったイヤフォン。このBA型はダイナミック型にはない細かな表現力や解像度は高いのですが、再生帯域が狭いというデメリットも持っています。しかし、このイヤフォンはベースポートがあり、これによってシングルドライバーでも低域がしっかりと鳴ってくれます。

イヤーピースが4タイプ付属f:id:shima_c_kumamoto:20170606143838j:plain

SE315よりイエロー・フォーム・イヤパッド、トリプルフランジ・イヤパッドが追加で付属!全てのイヤーピースが解禁されます!イヤフォンにとってイヤーピースはドライバーに並ぶくらい音に大きな影響を及ぼす大切なパーツです!
人によって、耳のサイズや形は様々ですので、自分に合ったイヤーピースを選ぶ選択肢が多いというのはとてもありがたいです。どんな感じか私が装着してみた感想も合わせてご紹介します。

①ソフト・フォーム・イヤパッドf:id:shima_c_kumamoto:20170606145812j:plain

最初に装着されている低反発素材を使用したイヤパッド。装着感はとても良く、低音が強く高音域も邪魔しないとても優秀なイヤパッドなのですが、個人的にはSE315にはちょっと低音が強すぎる気がします。しかし、遮音性と音質を両立させたバランス型、という印象です。

②ソフト・フレックス・イヤパッドf:id:shima_c_kumamoto:20170606145828j:plain

こちらも定番のシリコンパッド。フォームパッドよりも音の輪郭がクッキリとしてキレのあるサウンド。レスポンスも良く、低音も強調されないので、とても自然でタイトな音を楽しむことが出来ます。高音がやや鋭くサ行などが刺さる、と感じる方もいるかもしれません。

③イエロー・フォーム・イヤパッドf:id:shima_c_kumamoto:20170606145840j:plain

ソフト・フォームイヤパッドと同じ低反発な感じで、密度が低くスポンジ状のやや大きなイヤパッド。装着する際はしっかり潰して耳にはめ込みましょう。
音に関しては、非常に良い!素晴らしいです。シリーズにもよると思いますが、このSE315には一番しっくり来たイヤパッドです!高音はしっかり出ているのに刺さらない、低音はちょっと抜けていますが変な不自然さが無くなり非常にナチュラルなサウンドを楽しむことが出来ます。BA型の弱点を克服したようなかなり完成度の高い音が楽しめます!

④トリプルフランジ・イヤパッド

f:id:shima_c_kumamoto:20170606145852j:plain
ティモティックリサーチさながらの、3段キノコタイプ。耳の奥までグイッと差し込みましょう。外音が殆ど聞こえなくなるほどの凄まじい遮音性です。小さな音で聞くならこれが一番でしょう。しかしヘッドフォンで言う密閉型のオンイヤーヘッドフォンのような、音場の狭さが若干気になります。音域も真ん中にギュッと凝縮されたようなサウンド。モニター目的での仕様なら光るかもしれません。しかしながら良くも悪くも、一番音色の変化を楽しめるイヤパッドですね。

SE315を聞いた感想

f:id:shima_c_kumamoto:20170606160214j:plain
ひとことで言うなら、何というか、新しい方向性を示した前衛的な音のするイヤフォン、という印象。BA型のコストパフォーマンモデルであるこのSE315は、正直な感想を言うと原音に忠実、という感じではありません。これはSHUREの他のモデルとは少しコンセプトが違う(あくまで個人の感想ですが)のだと思います。これ単体なら何も感じないのですが、聴き比べをすると、中々のEQサウンドに感じます。ただし、他のシリーズに比べると、このSE315はダントツで聞きやすいんです。無駄な音が少なくスッキリしていて、今までにない透明感があります。情報量は少ないけども、おいしい音域にすべてを凝縮した、そんな印象。この音に魅了される方もきっと多いと思います。

まずは試聴してみるべし!

お問い合わせ

ご不明点のご質問など、お気軽にお問い合わせください。

店舗名 島村楽器 熊本パルコ店
電話番号 096-327-4066
担当 坂田

過去記事もどうぞ↓
kumamoto.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.