島村楽器 熊本パルコ店 シマブロ

島村楽器 熊本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

SHURE (シュア) SE215、SE215SPE、SE215m+ 販売中です!

SHUREでも圧倒的人気のSE215シリーズもすべて取り揃えてます!

f:id:shima_c_kumamoto:20170526183912j:plain

こんにちは。イヤフォン大好き男、坂田です。
今回はSE215。シュアのイヤフォンを語るにはこのシリーズは絶対に外せません。
熊本店にもSE215を愛用しているスタッフが多いです!
皆様もイヤフォンを選ぶ上でこのイヤフォンの名前を聞いたことが無い人はいないのではないでしょうか?
ということでSE215の魅力を伝えていきたいと思います。


SHURE過去記事もどうぞ↓↓

vol.1 SE112, SE112m+

kumamoto.shimablo.com

vol.3 SE315

kumamoto.shimablo.com




こちらにも私が同じようなレビューをしていますのでよかったらどうぞ。↓
info.shimamura.co.jp



他のSEシリーズもどんどん紹介していきますので乞うご期待!

f:id:shima_c_kumamoto:20170525102655j:plain
世界でも圧倒的なシェアを誇るシュアの超人気イヤフォンシリーズ。
もともとはモニター用のイヤフォンとしてプロミュージシャンなどに愛用されたいましたが、近年はより一般向けでポータブルなニーズに合わせたラインナップが増えています。

SE215・SE215SPE・SE215m+

f:id:shima_c_kumamoto:20170526173806j:plain
左からSE215(クリア)、SE215(トランスルーセントラック)、SE215SPE、SE215m+の順。
遮音性が非常に高く、イヤモニとしての需要はもちろん、公衆の場でも、周りに音漏れを心配される方には大活躍できる、シュアの決定版。
低価格イヤフォンとして爆発的人気があり、現在もその勢いは留まるところを知らず。

メーカー 型名 税込売価 カラー
SHURE SE215 ¥10,778 クリア、ブラックの2色
SHURE SE215SPE ¥12,744 トランスルーセントブルー
SHURE SE215m+ ¥13,824 ホワイト

www.digimart.net
www.digimart.net



共通仕様
・ シングルダイナミック型MicroDriver
・感度: 107 dB SPL/mW
付属アクセサリー
・キャリングケース付属
・ソフト・フォーム・イヤパッド (S,M,L)
・ソフト・フレックス・イヤパッド (S,M,L)

スナップ・ロック式の金メッキMMCXコネクターを採用

f:id:shima_c_kumamoto:20170526184823j:plain
MMCXコネクタの採用により、片耳のみの修理・交換が可能で、さらにリケーブルなども可能になり社外品も豊富で良い事づくし。変な力が入ってもケーブルが外れるので断線のリスクも少なくなります。

SEイヤホン用 RMCEリモート+マイクケーブルが発売しました!f:id:shima_c_kumamoto:20170526185644p:plain

SE215m+の存在価値が危ぶまれるリモコン付きケーブルが2017年3月に登場。
ライトニングケーブルタイプもあり、iOSユーザーは要チェックです!
ワイヤーフォームフィット機能+Kevlar®素材の強化127cmケーブルと安心スペック。
SE215, SE315, SE425, SE535, SE846用。(SRH1440、SRH1840にも使えそう。誰か検証してください。笑)

メーカー 型名 税込売価 備考
SHURE RMCE ¥4,298 4極ミニプラグ
SHURE RMCE-LTG ¥12,744 ライトニングケーブル

仕様の違いf:id:shima_c_kumamoto:20170601130323j:plain

インピーダンス 周波数帯域 ケーブル長さ リモコン  
SE215 17 Ω       22Hz~17.5KHz  162 cm ×
SE215SPE  20 Ω 21Hz~17.5KHz  116 cm ×
SE215m+ 17 Ω 21Hz~17.5KHz  127 cm

同じシリーズでも仕様がずいぶん違う、という事をお伝えしたく比較してみました。
ざっくりいうと、SE215はケーブルが長くイヤモニとしてレコーディング、ライブなどの現場向きで、SE215SPE、SE215m+は低音が強くポータブル機との相性が良く外使いや普段使いに向いている仕様となっています。

ケーブルタイプ

f:id:shima_c_kumamoto:20170525110515j:plain
上がSE215SPE、下はSE215。
写真だと分かりにくいですが、SE215SPEのケーブルは若干ではありますが太くなっています。音に影響があるかは分かりませんが、巻き癖も付きにくく取り回しやすいケーブルになっています。

SE215

f:id:shima_c_kumamoto:20170601130750p:plain
散々説明してきましたが、個別でレビューしていきたいと思います。
まずは無印。
音質はとてもパワフルなのですが、ダイナミック型にしてはとてもスッキリとしていて聴きやすいです。イヤーピースが2種あり、付け替えることによってかなり聞こえ方が変わります。
SE315からはまた全くの別物になりますので、SE215はとりあえず一つ押さえて置くと後々捗ります(笑)
ケーブルが162cmとやや長めで、普段使いでは少しケーブルを持て余すかもしれません。
ドラムなどでドンカマ(クリック等)を隣に置いてモニターする等の現場での取り扱いはこのケーブル長さはありがたいです。
宅録などのモニターとしても使える汎用性の高いイヤフォンです。

SE215SPE

f:id:shima_c_kumamoto:20170601132945j:plain
続いてはスペシャルエディション。
当時は限定かと思い困惑していた方も多いと思います。
トランスルーセントブルーというとても美しい透け透けのブルーがたまりません。
初音ミクカラーという言われ方をしていた時期もありました。今となっては定番ですが、そんな風評被害?の荒波に揉まれながらもトップの座に君臨し続ける最強のイヤフォンの一つ。
SE215から完全に一般向けに進化。イヤフォン初心者から上級者までこのイヤフォンにはお世話になった方も多いはず。
なんといっても、低音が強くなったという事ですが、本当にかなり印象が変わり、倍音が多くなり暖かい音色に変わり、聴き疲れにも強くなり何もかも良くなったような印象。
通常のSE215よりも確実にテンションが上がるチューニングになっています。(ただし、人によってはモコモコになったと感じる人もいるかもしれません)
ケーブルも約50cm短くなり、耳からポケットまでのジャストサイズに変更。
ケーブルも巻き癖の付きにくい物になり、至れり尽せり。とりあえず悩んでいる人にはこちらをオススメします。

SE215m+

f:id:shima_c_kumamoto:20170601133018j:plain
最後にこちら。
遂に天下のSHUREも時代の流れに追いついたともいえる、リモコン付きのSE215。
音色はSPEとほぼ同じなんですが、こちらの方が若干シャープな気がします(多分)
インピーダンスが若干違うのでこちらの方が鋭い音がするのかもしれません。
ホワイト一色という強気なラインナップですが、リモコン付きというのはとても嬉しいです。
ケーブルはSPEのような太いケーブルではありません。
イヤフォンで通話したい、リモコンが使いたい、という方はこちらを選んでも損はしません。

最後に

個人的な感想ですが、ダイナミックドライバー派としては、SP215がシュアの最上位機種となる悲しい現実なのですが、それだけに、こちらは是非とも手に取って頂きたい1台。
シュア以外にも良いイヤフォンは沢山ありますが、やはりこのイヤフォンには他とは一線を画す特別な音、キャラクターを持っています。
f:id:shima_c_kumamoto:20170601133043j:plain
バランス型に疲れた方はこのイヤフォンを聞いて、ダイナミック型の自然な暖かいサウンドに包まれてみると良いですね。


お問い合わせ

ご不明点のご質問など、お気軽にお問い合わせください。

店舗名 島村楽器 熊本パルコ店
電話番号 096-327-4066
担当 坂田

過去記事もどうぞ↓
kumamoto.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.