島村楽器 熊本パルコ店 シマブロ

島村楽器 熊本パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

CAMCO復刻!? DWから100台限定モデル、DW-5000AD4-R (RETORO)発売!

CAMCO買収時のDW-5000を彷彿とさせるデザインのAD4モデルが限定で登場です!

こんなものが出る日が来るのを待ってました。目から手、喉から鱗です!もはや何を言っているかわかりません!

f:id:shima_c_kumamoto:20170715143107j:plain
皆様こんにちは。
カムコ大好き熊本パルコ店の坂田です。
TAMAに続きまたしてもカムコ!?となった私ですが、姿形を拝んだ際に、「あれ、アンダープレートついてる。しかもダブルチェーン??」という疑問符が付いてしまいましたが、これは色違いの限定モデルという事で一安心。とはいえ当時のDW5000に見た目が近いというだけで買いですね。間違いない!このお姿を拝むだけでもありがたや~!
という事でお店にも若干ですが入荷致しましたのでご紹介!

DW-5000AD4-R

f:id:shima_c_kumamoto:20170715144045j:plain

メーカー 型名 税込売価 備考
DW DW-5000AD4-R ¥30,240 ケース無し

ざっくり説明するとDW-5000のトレードマークとなっている赤色のカラーは全て銀色のレトロカラーへチェンジ。
カム廻りはDelta4のアクセレレータードライヴそのまま。その他パーツ類も基本的にスペックは同じ。

DW-5000AD4と比較してみました

f:id:shima_c_kumamoto:20170715145030j:plain
どうですかこれ。ギラギラです。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715150926j:plain
ボード上はかなりツルツル。ペダルワークにも多少は影響がありそう。個人的にはツルツルの方が好き。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715145041j:plain
このカラーリングは如何にもヴィンテージライクですよね。ペダル本体の鳴り+ノイズが増えそうではあります。諸刃の剣的な奴ですね。もはや何を言っているか分かりません。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715145052j:plain
カムはそのまま流用ですね。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715145100j:plain
さすがに金属パーツ以外はそのままのようです。塗装が無い分少しだけパーツ間に隙間があるような感じがします。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715145108j:plain
アンダープレート下の滑り止めも同じでした。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715145115j:plain
そして最後に重量。(ビーター、チューニングキー付き)
重量ですが、やはりここには違いが現れました。42g軽いのです!この42gは持った時にも感じましたが確かに軽いのです。
この違いで音が変わるのかどうかは不明。
f:id:shima_c_kumamoto:20170715150352j:plain
ちょうど付属のチューニングキーとスパイクのボルト(ペダルスパー)1個分。
こう考えると結構違いませんか?違いますね!笑

踏み心地

気持ちですが軽い気がしました!笑
プラシーボ大事!
f:id:shima_c_kumamoto:20170715151135j:plain
f:id:shima_c_kumamoto:20170715151154j:plain
DW5000欲しい!という方は絶対にこれを買うべきです!真円カムは・・・ぐっと我慢しましょう。


お問い合わせ

ご不明点のご質問など、お気軽にお問い合わせください。

店舗名 島村楽器 熊本パルコ店
電話番号 096-327-4066
担当 坂田

突撃!隣のバンドマン 2話 ~Last Answer~

2話 Last Answer(ラストアンサー)


熊本パルコ店では地元バンドマンを応援するため、
LIVEレポをこのブログで紹介していきます!
それもただのレポでなく、(一応)楽器店のブログなので使用機材も突撃します!



ということで、こんにちは。第2話を担当させて頂くドラム担当、坂田です。

今回紹介するバンドは、Last Answerです!
f:id:shima_c_kumamoto:20170626135139j:plain


という事で今回もDjango「CRAZY BASEMENT Vol,80」に潜入してきました。


今回はリハ―サルからお邪魔してきました。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626140040j:plain
この階段を下っていくと、
f:id:shima_c_kumamoto:20170626140123j:plain
ジャンゴの看板とともに入口が見えてきます。はい。

早速控室でメンバーに取材しました!
f:id:shima_c_kumamoto:20170626135624j:plain
真ん中のギターヴォーカル、つむつむ君が良い表情してます

まずは一人目、ギター&ヴォーカルのCHU2
f:id:shima_c_kumamoto:20170626154919j:plain
彼が基本的に曲を作っているらしいです。
使用しているのはTokaiのレスポールJrのスペシャルタイプ
f:id:shima_c_kumamoto:20170626162337j:plain
足元はこち
歪みはオーバードライブ1発にBOSSディレイ、Rowinフランジャーとシンプル。
チューナーはPolyTune。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626162725j:plain

お次はベースのつむつむ
ぱっちり決めポーズを取ってくれました笑
f:id:shima_c_kumamoto:20170626163701j:plain
使用ベースはフェンダージャズベ。(こちらは島村楽器で購入してもらってます。あざーす!)
こちらの足元も超シンプルでサンズアンプにEBSの旧マルチコンプKORGチューナー三種の神器のみの構成。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626164104j:plain
そして本日の魔剤はキリン、「午後の紅茶 ミルクティー」。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626170428j:plain

最後は紅一点、あじえんすさん。
みんなあじさんって呼んでます。
あじさんとは結構長い付き合いで、いつも色々買ってもらって本当にお世話になってます。笑
f:id:shima_c_kumamoto:20170626170823j:plain
いつも使っているスネアは国産YAMAHAの(確かバーチ?)スネア。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626170902j:plain
ヘッドにはこの前替えた今やレアヘッドのラディックのシルバードット。
まとまったサウンドからやや暴れ気味になったんですけど本人にはとても気に入ってもらってます!
f:id:shima_c_kumamoto:20170626192300j:plain
こちらもこの前買って貰ったばかりのTAMAのNEWスピードコブラ。裸足で踏むので前のペダルはニスを塗った床のようにツルツルになっていました。
このペダルもそうなるのかこれから期待です。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626192506j:plain
ドラム担当なのでドラム機材は細かくチェック!
スティックはヴィックファースの7A
f:id:shima_c_kumamoto:20170626192831j:plain
あじえんす's魔剤。みんな乳製品大好き。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626193412j:plain

話していたら缶バッヂがあるという事で1個買いました。
LastAnswerの可愛いバッヂ、きよたという者がデザインしているらしいです。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626193711j:plain
まだCD等は無いという事なので、これから期待です。

ここから私は一旦お店へ帰還。


そして再びDjangoへ。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626194310j:plainf:id:shima_c_kumamoto:20170626194343j:plainf:id:shima_c_kumamoto:20170626194352j:plainf:id:shima_c_kumamoto:20170626194413j:plain
曲は非常にかっこいいし勢いがあるのに、歌詞は結構重くてギャップのある曲が多い印象!笑
お客さんも多くはありませんでしたが、最後の命という曲はとても盛り上がっていました!
個人的に「フライデイ」という曲がめちゃカッコよかったです!f:id:shima_c_kumamoto:20170626194430j:plain

ということで、Last Answerのご紹介でした。

取材協力して頂いたDjangoの皆様
Last Answerのメンバーの方々
本当にありがとうございました!

8/6には熊本パルコ店で行われるHOTLINEにも出場予定となっています!
対バンしたいという方は是非8/6に一緒に参加してください!

次回もまだバンドは決まっていませんが
逆指名も一応受付けますので、興味があるアーティストさんはぜひ声かけてください(笑)


おわり



取材協力はDjango様です。
f:id:shima_c_kumamoto:20170626135508j:plain
ブッキングマネージャーのMADさん、本当にありがとうございました!

DJイベント KUTS MANIA潜入レポート

店長の水足です



本日は熊本で人気のクラブBar Sanctuary
facebook@Bar Sanctuary)にて
6月11日(日)に実施された
「KUTS MANIA」をレポします
今回は島村楽器Numarkの協力ということもあり
特別取材をさせて頂きました
f:id:shima_c_kumamoto:20170622153228j:plain



第一回目になるこのイベントは17時~21時までと
クラブ開催イベントとしては早い時間であった事もあり
クラブへ行き慣れていない方や県外からの
来場者も多くありました
f:id:shima_c_kumamoto:20170622153342j:plain


会場は同クラブの3階。Numarkより発売されている「PT-01 SCRATCH」を独自にカスタマイズした
実機を各自持ち込み、廻し競い合うバトル会場と、
これからスクラッチを始めたいビギナー向けの
ワークショップ会場に分かれ実施されました。

PT-01 SCRATCH紹介動画

PT01Scratch with DJToyoda Style

メーカー 商品名 価格(税込み)
Numark PT-01 SCRATCH ¥15,800





特にワークショップ会場には鹿児島より、DJ omochiが特別講師として来熊しました

DJ omochi プロフィール
f:id:shima_c_kumamoto:20170622185915j:plain
KAMIKAZE PORTABLE MGT vol.1 Champ
◆IDA ONLINE JAPAN 3rd
◆KAMIKAZE SCRATCH 3rd

直接指導を指導を受けた方はとてもラッキーですね!



また今回の仕掛け役はBarSanctuaryスタッフ、
DJ SHINGOさんです
DJ DOMMYさんが当日の内容を動画で編集しています
これを見てもらえば雰囲気が分かります。必見です!
(ちなみに動画の中で、入店してすぐボードで作業している人がSHINGOさんです)

KUTSMANIA Portable session 17.6.11



DJ紹介

DJ RYOW
f:id:shima_c_kumamoto:20170622153903j:plain


DJ SATO4
f:id:shima_c_kumamoto:20170622154049j:plain


DJ DOMMY
f:id:shima_c_kumamoto:20170622154204j:plain


DJ HIRO
f:id:shima_c_kumamoto:20170622154250j:plain


DJ UMA
f:id:shima_c_kumamoto:20170622183843j:plain


DJ KJ
f:id:shima_c_kumamoto:20170622184553j:plain


DJ NB
f:id:shima_c_kumamoto:20170622184655j:plain


DJ USK
f:id:shima_c_kumamoto:20170622185101j:plain





次回は9月開催予定です。興味がある方はBar Sanctuary 担当DJ SHINGOまで!
(もちろん島村楽器でも随時受付中です)

またこれまでクラブに遊びに行ったことがない人でも
フレンドリーなスタッフが迎えてくれるので、ぜひ本営業にも遊びに行き
Bar Sanctuaryでクラブミュージックを体感してみてください

ROLAND(ローランド) ドラムパッド、 SPD::ONEシリーズ発売間近!実機を触ってみました!

使い方は自由!あなたのシステムに+ONEできる便利パッド!

f:id:shima_c_kumamoto:20170613184008j:plain

どうもこんにちは。
熊本店ドラム担当の坂田です。
6/24日に発売となるSPD::ONE、4機種を触る機会がありましたので、ご紹介していきたいと思います!

f:id:shima_c_kumamoto:20170613185112j:plain

その前に、このSPD::ONEという謎の「::(コロンコロン)」の部分ですが、本当は+ONE(プラスワン)にしたかったけど出来なかったのでコロン2つで+を反転した様に見せているらしいです。
しかし、呼び方は「SPD1(エスピーディーワン)」で大丈夫です!
それでは行きます!

SPD::ONEシリーズ

SPD::ONEは全部で4機種!
①ELECTRO

f:id:shima_c_kumamoto:20170613191126j:plain

②KICK

f:id:shima_c_kumamoto:20170613191319j:plain

③PERCUSSION

f:id:shima_c_kumamoto:20170613191402j:plain

④WAV PAD

f:id:shima_c_kumamoto:20170613191445j:plain

メーカー 型名 税込売価 種類
Roland SPD-1E ¥21,600 ERECTRO
Roland SPD-1K ¥21,600 KICK
Roland SPD-1P ¥21,600 PERCUSSION
Roland SPD-1W ¥27,000 WAV PAD

ELECTRO、KICK,PERCUSSIONの共通仕様

①各パッドには22色の音源+ユーザーサンプル(5秒)

f:id:shima_c_kumamoto:20170613193306j:plain

f:id:shima_c_kumamoto:20170613193327j:plain

f:id:shima_c_kumamoto:20170613193342j:plain

それぞれ11種の音源+VARIATIONボタンによって11×2種類の中から1つを選ぶことが出来ます。
エフェクターはキックのみリバーブディストーション。その他はディレイ、リバーブとなっています。マイクロUSBケーブルでPCからWAVファイルと取り込み、好きな音を鳴らすことも可能です。ただし5秒以内。

②サイドパネルにある、「SENS」、「THRES」ツマミで感度調整可能。

f:id:shima_c_kumamoto:20170613194515j:plain

「SENS」を上げれば手や足でもしっかりと反応してくれます、音源の切り替わりの調整などに。
「THRES」ボタンはベロシティによる音色のコントロールや誤作動防止に。

f:id:shima_c_kumamoto:20170613195343j:plain

今回のパッドはセンサー廻りは劇的に改善されている印象です!全くストレスなくコントロールできます!凄い!キック単体でもストンプボックスとして大いに活躍が期待できます!しかもズレにくい!音質も凄まじい解像度です。使ってみるとこの価格にも納得できるはず。

③電池駆動

f:id:shima_c_kumamoto:20170613195655j:plain

単三電池4つです。もしくは別売りの9VACアダプター、PSA-100Sを使用してください。

f:id:shima_c_kumamoto:20170613193839j:plain

④アタッチメント付属!

f:id:shima_c_kumamoto:20170613200149j:plain

ものすごく分かりにくい画像ですが、カウベルホルダー受けのマウント様なものが付属。
8mm~12.7mmのロッドまで取付可能。

使ってみた感想

まず、本体重量が900gとずっしりとしていて、見た目以上に堅牢な作りとなっています。ボスのコンパクトエフェクターの様なイメージです。
SPDのパッドのイメージとしては、少し肉厚で柔らかめのゴムパッドなのですが、こちらは、非常にリバウンドが強く、タイトなプレイにも対応したような打感です。こちらも近い物で言うと、VICFIRTHのプラクティスパッド、ヘビーヒッターのスリムパッドのような感じ。

f:id:shima_c_kumamoto:20170613202325j:plain

ゴムの厚さもほとんど同じですね。
一つ一つの音源のクオリティが非常に高くクリアで抜けの良い音色ばかりなので、アコースティックな楽器と一緒に使っても違和感を感じないレベルになっています。
「SENS」のつまみによって感度はかなり高く出来ますので、手や足でも調整次第では本物以上に表現力のある一つの楽器として使う事が可能です。

WAV PAD

一つだけ異彩を放つのが、このWAV PAD。
価格も若干高いですが、非常に便利な機能が満載です。
f:id:shima_c_kumamoto:20170613203219j:plain

①オーディオファイルを取り込んで再生可能(最大数12)

f:id:shima_c_kumamoto:20170615121711j:plain
つまみにある12番までサンプル音源や曲を取り込むことが可能。
自分の鳴らしたい音を瞬時に再生することが可能です。ステレオ音源で約360分の音源までなら取り込み可能。(ただしフォーマットがWAV、44.1kHz、16bit)

②ワンショット/フレーズの再生方法で使い分けできる

ファイルネーム末尾を変えることによって再生方法を選択できます。上の写真の通り、_m(アンダーバー、m)と最後に入力すればワンショットのモノ再生(音が重なった場合は古い音は消えて、新しく再生し直される)等、フロントパネルですぐに分かるように記入されています。
効果音やサンプル音などを再生する際はワンショット、音源の再生、停止、ループ素材などはフレーズを使用します。

③バッキング/クリックの同時再生が可能

このWAV PADには12個の音源を入れるフォルダに加え、Clickというフォルダが設けられており、こちらにあらかじめ用意したクリックファイル(クリックじゃなくても構いません)を入れることによってヘッドフォンアウトのみに再生される同期音源を作ることが可能。
f:id:shima_c_kumamoto:20170615124224j:plain

④レイヤー機能で3種の音を使い分け可能

こちらの機能は他の3種でもプリセットで使用可能なのですが、例えば、ハイハットのOpen/Closeを叩く強さで切り替えたり、音を重ねて再生する事が可能になっています。
f:id:shima_c_kumamoto:20170615131447j:plain
これはローランドV-Drums、TD-50のモニター画面ですが、簡単に言うとこのTD-50のユーザーサンプル機能がそのまま付いたような感じです。切り替えは本体横にある「SENS」「THRES」のつまみで細かく調整も可能です。ギタリストなども足元に置いて踏む強さでループの切替を3つ用意することで、一人で演奏なども出来そうですよね。

とにかく上質で痒い所に手が届く製品なのでオススメです!
スティックで叩けるサンプラー、ルーパー、更にはドンカマとても行けるし、切り替えは必要ですが、楽器の追加がこれ1つで全て可能になる優れものとなっています。


お問い合わせ

ご不明点のご質問など、お気軽にお問い合わせください。

店舗名 島村楽器 熊本パルコ店
電話番号 096-327-4066
担当 坂田
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.